本文へスキップ

監督・脚本:木場明義


TOKYO MX『あしたのSHOW』 # 0 2 『サイキッカーZ』『GHOST GO☆ist』


〈作品情報〉

『サイキッカーZ』

『GHOST GO☆ist』


〈プロフィール〉

映画監督|木場昭義(1973年9月1日)
1997 大正大学文学部日本語・日本文学科 卒業
1999 映像塾 卒業
現在、自主映画を中心に映像制作を続ける。
映画制作団体イナズマ社主宰。 SFやファンタジーの要素を日常に注ぎ込んだようなコメディタッチの作品を得意とし、国内外の映画祭で入選、受賞歴がある。


〈代表作〉

代表作『HATTORI!!!!』『さよならファンタジー』『スリッパと真夏の月』他

〈受賞歴〉

2005 『プレイボール!』 TSSショートムービー・フェスティバル・準グランプリ

2006 『ラジオクイズ21』
黒澤明映画祭The3分ビデオコンテスト・準グランプリ

2009 『あゆみちゃんと妖精たち』
東京インディペンデント映像フェスティバル 特別賞
全宇宙バクワク映画コンテスト 特別賞

2011 『ハワイアンドリーマー』
福岡インディペンデント映画祭 奨励作品賞

2013 『山に登ろう!』
福岡インディペンデント映画祭 優秀賞

2014 『HATTORI!!!!』
伊賀の國忍者映画祭 準グランプリ
古湯ムービーアワード2014 富士町民賞
MKE映画祭 プルチーノ賞

2015 『ホーリーデスマッチ』
つくばショートムービーコンペティション 佳作賞

2015 『さよならファンタジー』
長岡インディーズムービーコンペティション 準グランプリ
福岡インディペンデント映画祭 20分部門最優秀作品賞

2015 『スリッパと真夏の月』
福井駅前短編映画祭 フクイ夢アート賞
福岡インディペンデント映画祭 優秀作品賞
賢島映画祭 技術賞
長岡インディーズムービーコンペティション 準グランプリ

2016 『サイキッカーZ』
つくばショートムービーコンペティション 観客賞
MKE映画祭 いつかこの映画を思い出しきっと笑ってしまう賞
おもいがわ映画祭 監督賞

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
高校時代に映画の面白さに気づいた事。

2.影響を受けた作品・監督はいますか
たくさんいます。

3.どんな時にアイディアが生まれますか
ノートに向かって集中している時、歩いている時、ふとした時など。

4.好きな言葉があれば教えてください
「よく噛んで食べる」

5.近年の日本映画についてどう思いますか
世界的に見てかなり厳しい状況だと思います。

6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
誰もやってない事をやろうとは思っております。

7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
迎合しない。面白いものを作る。

8.将来どのような監督になりたいですか
世界に通用する監督になりたいです。

9.今後どのような作品を作っていきたいですか
観客が驚くような作品。ワクワクする作品。かっこいい作品。

10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
日本の作り手としてはそこはまだ気にしないで良いと思います。どんな環境でも優れたものを作れるよう精進しております。

11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
スタッフやキャストが困ったり迷ったりしないよう、できるだけ的確に端的に支持するよう努めておりますが、出来ているかどうかはわかりません。

12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
撮影現場の近くの神社には可能なかぎりお参りするようにしています。

13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
アイデアが形になっていく時、スタッフやキャストたちと作品を作り上げている時、お客さんに作品を楽しんで頂けた時が楽しいです。ポストプロダクトはいつも苦労しています。

14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
前向きに考えるか、考え方を変えてみるか、乗り越えるのをやめてみる。

15.自分はどんな人間だと思いますか
ぐうたら人間。


copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.