本文へスキップ

監督:長尾 淳史


TOKYO MX『あしたのSHOW』 #37



〈作品タイトル:作品紹介文〉

マインドギア』

宗太郎は、子供の頃いじめられた記憶を大学生になっても尚、心の奥底に抱えていた。
そこに、夢を司る精霊”獏”が現れ、お前の記憶を食べてやると言い出す。そして、宗太郎は夢の中で過去の自分と決別しようと試みる。
心温まるファンタジー作品。

〈プロフィール〉

監督:長尾 淳史

大学入学を機に映画制作を始め、VFXを用いた映像表現を得意としている。
​ 初めて監督した『魅惑の泉』が第8回Gatsby学生CM大賞にて世界7カ国1000作品以上の中からキャラクター賞を受賞。
長編映画『白波』では琵琶湖に浮かぶ日本唯一の有人淡水島を舞台に作品を監督した。

〈デビュー年・作品・代表作〉

  2015年 短編映画『乗換案内』を初監督
代表作:『白波』『マインドギア』

〈受賞歴〉

『白波』
□カナザワ映画祭2017 期待の新人監督 入選

『マインドギア』
□第14回JCF学生映画祭  準グランプリ/ベストアクター賞
□第10回TOHOシネマズ学生映画祭   入選
□しがショートムービーフェス2016  佳作
□第9回オイド短編映画祭  入選

『乗換案内』
□しがショートムービーフェス2015   優秀作品賞
□第9回オイド短編映画祭  入選
□立命館大学父母教育後援会学部表彰制度 優秀賞受賞

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
 中学生の時ある商業映画を見て、これなら自分が作った方がマシだと思った
 
 2.影響を受けた作品・監督はいますか
 スティーブンスピルバーグ『A.I』
ロブライナー『Stand by Me』
J.Jエイブラムス『SUPER8』
山崎貴『寄生獣』
 
 3.どんな時にアイディアが生まれますか
 エナジードリンクを飲んで、映画音楽を聞いている時
 
 4.好きな言葉があれば教えてください
 なし
 
 5.近年の日本映画についてどう思いますか
 興行での成功ばかりにとらわれ、ある程度のレベルはどの作品も超えてくるが、心に刺さる作品がとても少ない
   
 6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
 作品では一貫して、幼少期の純粋な気持ちを描いています。
また、現場では感情が喉に突っかかっているような状態を丁寧に描くよう心がけています。
   
 7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
 人間は動物の一種に過ぎないと思っています。
 
   8.将来どのような監督になりたいですか
 作品ごとに新たな挑戦ができる監督
 
 9.今後どのような作品を作っていきたいですか
 ・異文化間、異種間の交流
・自然と人間の対峙
・何かに燃え尽きた人間の話
 
 10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
  文化的背景の違い
動いているお金の違い
 
 11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
 打ち合わせは自分のやりたいことが伝わるまでじっくりします。
 
 12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
 験担ぎというより(撮影が)始まるなと思う瞬間ですが
・いつも使っている緑の撮影ファイルと普段被らない帽子を部屋から取り出す
・口座からまとまった制作費を下ろし、厚みを感じる
 
 13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
 作品の質に関わる一番近い場所で、作品と戦える。
 
 14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
 力技でどうにか乗り切る。
もしくはただ耐える。
 
 15.自分はどんな人間だと思いますか
 不器用です。
100か0かどちらかしか選べません。


〈HPアドレス・Youtube・Twitter等〉

ホームページ:https://a24rosyu.wixsite.com/nostalgic

YouTube:https://www.youtube.com/playlist?list=PLm2hNXoQMc26yF0Q-fn1w0Z9ljELjTNDM

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.