本文へスキップ

監督:小川和也


TOKYO MX『あしたのSHOW』 #18


〈作品情報〉

『よりそう』


彼女に振られ傷心中の弘樹。そんな時、友人の代わりにペンションのアルバイトに行くことになる。そこで、綺麗で明るいオーナーの美穂と出会う。

〈プロフィール〉

監督:小川和也

1985年生まれ。国学院大学文学部卒。2012年よりニューシネマワークショップにて映像制作を学ぶ。
現在は、自身が卒業したニューシネマワークショップのスタッフとして、日々映像制作の現場で活動中。

〈代表作〉

2012年『かわらないもの』『よりそう』

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
将来に悩んでいたとき、両親に「好きなことをやりなさい」と言われて。

2.影響を受けた作品・監督はいますか
『月とキャベツ』篠原哲雄監督

3.どんな時にアイディアが生まれますか
お風呂に入ってるとき

4.好きな言葉があれば教えてください
なんとかなる

5.近年の日本映画についてどう思いますか
漫画原作が多いなと

6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
誰も損しないよう、少しでも幸せになれるように頑張る。

7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
とくにはない。

8.将来どのような監督になりたいですか
ジャンルにとらわれない監督。

9.今後どのような作品を作っていきたいですか
見た人がちょっとでも幸せになれるような作品を作っていきたい。

10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
予算の規模が違うのかなと…

11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
スタッフ、キャストからよくイジられます。

12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
辛くなったらカフェオーレを飲む。

13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
自分が想像したものを形にしていけるところ。現場に入る前、終わった後が大変です。

14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
人に相談する。

15.自分はどんな人間だと思いますか
凄くのんびり


〈Youtube・Twitter等〉


copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.