本文へスキップ

監督:マツムラケンゾー


TOKYO MX『あしたのSHOW』 # 11



〈作品情報〉

『かなわぬ恋』

聾唖の女性が恋をした。しかし、それは叶うことのない恋。女は妄想の中に希望を見出そうとするが、、、。
絶望の中でも、妄想力を駆使して希望を見出す人間の根幹的強靭さを描く。

〈プロフィール〉

監督:マツムラケンゾー

横浜市出身、千葉市在住。日本大学芸術学部卒業。
稲毛映画学校主催。ワンダーハーツプラネット所属。

〈代表作〉

プロデュース作品に「大洗にも星はふるなり」「勇者ヨシヒコ」など
監督作品に2014年「吠えても届かない」

〈受賞歴〉

2015年千葉市芸術文化奨励賞  
第7回角川エンジェル大賞

〈アンケート〉

○映画監督になったきっかけは何ですか
映画監督になれてませんねー。

○影響を受けた作品・監督はいますか
セルジオ・レオーネ。橋本忍。

○どんな時にアイディアが生まれますか
不条理なことに触れたとき

○好きな言葉があれば教えてください
人生は削られてゆくものではなく、積み上げてゆくもの

〇近年の日本映画についてどう思いますか
可能性の宝庫

〇作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
社会の非情な現実を織り込むこと

〇若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
ひとつもない

〇将来どのような監督になりたいですか
映画監督になれると思っていない

〇今後どのような作品を作っていきたいですか
社会の縮図を描いた作品

〇日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
文化の違い、どっちが良いとか、悪いとかはない。

〇撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
説明下手なので、最近はできるだけ文章にするように心がけている。

〇験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
最近は庭に生えてくるヤブガラシを抜くこと。

〇映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
伝えたい事を作品にして残せることは幸せ。他人とコミュニケーションを交わさなければならない事が大変だと思います。

〇壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
壁にぶつかるという事は幸せ。本当に怖いのは崖のキワに立った時。

〇自分はどんな人間だと思いますか
計画性がない気弱なダメ人間。


〈HP・Youtube・Twitter等〉

http://www.pod-video.com/

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.