本文へスキップ

監督:赤井宏次


TOKYO MX『あしたのSHOW』 #19


〈作品情報〉

明日への約束』


ある日、病床の母が娘に宿題をだす。困難にぶつかりながらも一生懸命に宿題をこなす娘。その宿題に込められた母の想いとは、、

〈プロフィール〉

監督:赤井宏次

同志社大学卒業後、アメリカ・テンプル大学映画学科に留学。
留学中、映画「サイレンサー」(リー・ダニエルズ監督)のスタッフとして参加。
帰国後、CM・広告・プロモーション映像の企画・演出・編集を行うディレクターとして活動中。

〈代表作〉

「明日への約束」

〈受賞歴〉

第7回伊勢崎映画祭 グランプリ
第6回きりゅう映画祭 主演女優賞
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ノミネート
はままつ映画祭2016 入選
第9回おもいがわ映画祭 入賞
日本芸術センター 第8回映像グランプリ 入選
第8回オイド短編映画祭 入選
夜空と交差する森の映画祭 2016 上映

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
まだ自分は映画監督になれていないので、日々精進です。

2.影響を受けた作品・監督はいますか
好きな監督は黒澤明監督。「七人の侍」が特に好きです。

3.どんな時にアイディアが生まれますか
お風呂に入っている時。

4.好きな言葉があれば教えてください
変わらない誠実さと変えていく勇気

5.近年の日本映画についてどう思いますか
面白い作品が多いと思います。

6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
自分がどう思うかより、観る人がどう思うかを大切にしています。

7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
「自分で決めた事は最後まで責任をもってやり抜くこと」と親によく言われていました。守れているかどうかはわかりませんが、、

8.将来どのような監督になりたいですか
いいシナリオを書ける映画監督になりたいです。

9.今後どのような作品を作っていきたいですか
笑って泣けてるエンターテインメントな映画

10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
特に違いはないと思います。

11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
誰でも自由に意見を言える雰囲気を作ってコミュニケーションを促進しています。

12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
特にありません。

13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
頭の中でイメージしたものが映像として現れてくる瞬間が興奮します。
キャスト、スタッフのおかげでイメージ以上のものが現れてくることが多々あるので、そこが面白い部分です。

14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
やる気が出るまでゴロゴロする。

15.自分はどんな人間だと思いますか
ごくごくフツーの人間。


〈Youtube・Twitter等〉

facebook:https://www.facebook.com/akai.koji

contact:ka5435@yahoo.co.jp

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.