2020/02/25 配信

 
配信中
映画『不眠症』
監督 皆銭文哉  / MC 金子貴伸  / Asst. 橘のぞみ
※視聴頂くにはログインが必要です。

作品情報

皆銭文哉(監督)

青山学院大学・総合文化政策学部・4年生
大学から映像制作を始め、インターンを通じて映画を学ぶ。映画・MV・PVを中心に撮影。
監督作品【不眠症】がユーロライブで上映、映画少年映画祭にて審査委員特別賞受賞。
新作、【Sister】近日公開予定

「不眠症」

【豪華絢爛なクラブと、主人公の自宅を舞台とした作品。1年の留学を経て戻ってきた女子大生は友人とお酒を飲みながら、不眠症について語り合う。並行して、女子大生の彼氏の自宅でとある問題が進行していた。2つの世界が重なり合うとき……】

出演者

監督 皆銭文哉
MC 金子貴伸
Asst. 橘のぞみ
 
 

1.この映画を撮ったきっかけはなんですか?

オーストラリアに留学中、周りのみんなはアクティブに生活しているのに3日間自分だけ眠れない、
〝不眠症〟になった経験が元になっています。
その時は精神的におかしくなり、世の中に置いていかれてる感じが孤独で恐怖を覚え、その経験からホラー映画を撮りたいと思いました。
ただ、お化けを使わない、人間の怖さのホラーを描くことを意識しています。

2.影響を受けた作品や監督はいますか?

監督:スタンリー・キューブリック監督
作品:シャイニング

3.アイデアがうまれる瞬間は?

人と話してる時や、本を読んでる時、寝て起きた瞬間など
意識してない時が多いですね。
あとは、ニュースを聞いてると右脳が活性化されます。

4.作品へのこだわり

前回の自分の作品を越す!

5.今後どのような作品を撮っていきたいですか?

社会で起きてる問題を自分がどうアプローチしていくかを考えた作品。

6.今回の撮影で一番苦労した点はなんですか?

ロケ地が歌舞伎町だったことと、再撮影を2回したことです。
追撮は最終的に1人で撮影したので、精神的に苦しかったのですが、
厳格な父親が応援してくれたことがとても励みになり、嬉しかったですね。

7.監督の性格

変わっていると言われます。