本文へスキップ

監督:上田 慎一郎


TOKYO MX『あしたのSHOW』 #46 #47


〈作品タイトル:作品紹介文〉

ナポリタン』

人の話を聴けない会社員の川上は、ある日突然、他人の言葉が「ナポリタン」としか聴こえなくなってしまう…。世にも奇妙なホラー・コメディ!

〈プロフィール〉

監督:上田 慎一郎

滋賀県出身。監督作「カメラを止めるな!」「ナポリタン」「テイク8」「恋する小説家」「Last WeddingDress」「彼女の告白ランキング」など。中学生の頃から友人と自主映画を制作し、高校卒業後も映像の学校等には入らず独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに14本の映画を製作し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画「4/猫」の一編「猫まんま」で商業デビュー。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテインメント作品を創り続けている。最新作は2017年11月にK's cinemaで公開され連日満席となった「カメラを止めるな!」。

〈デビュー年・作品・代表作〉

 デビュー年2011年「お米とおっぱい。」

代表作2017年「カメラを止めるな!」

〈受賞歴〉

 「ナポリタン」受賞歴
那須ショートフィルムフェスティバル2016《特別審査員特別賞》
第38回TOKYO月イチ映画祭」《グランプリ》

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
中学生で映画にはまり、父のハンディカムを借りて悪友達と自主映画を撮り始めたのがきっかけ?です。
 
 2.影響を受けた作品・監督はいますか
挙げ出したらキリないですが、外国だとビリー・ワイルダー監督、シドニー・ルメット監督、マーティン・スコセッシ監督、タランティーノ監督の作品群は特に影響大かと。日本だと岩井俊二監督、園子温監督、三谷幸喜監督のドラマや舞台作品。コメディ・笑いについては映画よりお笑いや漫画からの影響が大きいかもです。芸人だとダウンタウン、漫画だと吉田戦車先生が特に。
 
 3.どんな時にアイディアが生まれますか
歩いている時か、人と話している時。あと、ドライヤーで髪を乾かしてる時とか。つまりは、リラックス状態の時。
 
 4.好きな言葉があれば教えてください
一生青春。
 
 5.近年の日本映画についてどう思いますか
メジャーとインディーズの二極化。メジャーにもっと多様性が欲しい。
   
 6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
過去や将来の自分にとらわれず、今目の前にある映画づくりを楽しむ。
   
 7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
100年後に観ても面白い映画をつくる。
 
   8.将来どのような監督になりたいですか
笑いたい時は上田監督作を観に行こう、と思って貰えたらそんな幸せな事はないなって思います。
 
 9.今後どのような作品を作っていきたいですか
コメディ。
 
 10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
予算と時間と労力のかけ方。
 
 11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
みんながアイディアを出し合える風通しの良さを心がけています。
 
 12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
特にしていません。
 
 13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
面白い部分も苦労する部分も共通で、自分の思うようにコトが運ばない事です。
 
 14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
妻に話す。プリンを食べて、よく寝る。
 
 15.自分はどんな人間だと思いますか
楽天家。

〈HPアドレス・Youtube・Twitter等〉

Twitter:https://twitter.com/shin0407

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.