本文へスキップ

監督:原林鶴


TOKYO MX『あしたのSHOW』 # 09


〈作品情報〉

『奪欲の仮面』

〈プロフィール〉

監督:原林鶴

自主制作映画団体を退団しシナリオスクール受講後、フリーで監督・助監督・スタッフ全般・シナリオライター・演出・企画・プロデュースと
現在は演出家タレントしてマルチな活動をしている。

〈代表作〉

2014年 ショートムービー「奪欲の仮面」で監督デビュー。

〈アンケート〉

○映画監督になったきっかけは何ですか
ある映画祭で女性監督が少ないからやってみないか?と言われたのがきっかけです。

○影響を受けた作品・監督はいますか
影響受けた作品は沢山あります。園子温監督の作品が好きです。

○どんな時にアイディアが生まれますか
街中で人間観察や映画を見てる時。

○好きな言葉があれば教えてください
一日一笑
ありがとう

○若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
やりたいことがあれば挑戦する。

○今後どのような作品を作っていきたいですか
ジャンル問わず、見終わった後に何か心に残る作品を作りたい。

○撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
話し合い感情的にならないようにしています。

○験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
撮影入る前にお参りしてます。


〈Youtube・Twitter等〉

Twitter・アメブロなど”原林鶴”で検索。

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.