本文へスキップ

監督:Yokota Jo


TOKYO MX『あしたのSHOW』 #15


〈作品情報〉

「WHY CAN'T RIDE」
エレベータに乗れない男のドタバタ劇

「Mr.ミステイクの画家入門」
失敗ばかりの男、Mr.ミステイク。画家に出会い、絵を描こうとするが・・・

〈プロフィール〉

監督:Yokota Jo

神戸育ち。大阪市立大学経済学部卒。
映画研究会で好き勝手に映画を制作し、サラリーマンになった今も短編映画を制作している。

〈代表作〉

2004年「WHY CAN'T RIDE」でデビュー
代表作「Mr.ミステイクの画家入門」

〈受賞歴〉

第4回 TOHOシネマズ学生映画祭 入選
「WHY CAN'T RIDE」
第3回 映画少年短編映画祭 入選
「Mr.ミステイクの画家入門」

〈アンケート〉

1.映画監督になったきっかけは何ですか
大学生になって、新しいことにチャレンジしようと考えた結果、映画を撮り始めました

2.影響を受けた作品・監督はいますか
バスターキートン「探偵学入門」

3.どんな時にアイディアが生まれますか
自分が私生活や仕事などでミスをしたとき

4.好きな言葉があれば教えてください
まじめにふざけろ

5.近年の日本映画についてどう思いますか
映画でしか出会えないような俳優がもっと出てくれば、より盛り上がると思います

6.作品制作についてのこだわりがあれば教えてください
観てくれる方のことを第一に考える

7.若いころから貫いてきた思いがあれば教えてください
自分の作品に本当の悪人はいません。悪役もどこか憎めなくて可愛げがあるキャラクターになるようにしています

8.将来どのような監督になりたいですか
みんなから愛される監督

9.今後どのような作品を作っていきたいですか
もう少しパンチのある要素も取り入れた作品を制作したいです

10.日本映画とハリウッド映画の違いについてどう思いますか
ハリウッド映画は脚本も含めて、様々な意見を取り入れて制作されているように感じます

11.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか
誰でもアイデアを出しやすい現場作りとそのアイデアを一度はチャレンジしてみること

12.験担ぎなどしていますか、している場合内容を教えてください
撮影前にお腹が痛くなれば、いい作品になる予兆です

13.映画監督という仕事の面白い部分・苦労する部分を教えてください
いろんな人と出会えることは映画の素敵な部分。そのためにスケジュール管理に苦労します

14.壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
すべてを乗り越えようとせずに、できる部分をコツコツと

15.自分はどんな人間だと思いますか
まじめなオッチョコチョイ


〈Youtube・Twitter等〉

Twitter @jo_yokota06
Youtube「Yokota Jo」

copyright©2017 あしたのSHOW all rights reserved.