20/10/13 16:00~20/10/20 15:59   配信

映画『VR職場』
監督 高島優毅  / MC BOBI  / Asst. 武田美香

コメント

コメントするためには会員登録が必要です

平均  
 2 コメント
たか

真面目だから狂う、、、深いなと思う。

全力ヒロシでてないのが、残念。

Hikari

最初のモブキャラは通過点として進化素材にされていく、、、

当たり前すぎて考えたこともなかったけど、モブキャラの声を聞けるとは、、、

最初は面白い設定だなと思って観ていたけど

結構深かった

作品情報

高島優毅(監督)

早稲田大学文学部卒業。新卒でテレビ局に就職し、バラエティ番組制作スタッフとして4年間勤務するも、ドラマ・映画への思いを捨てきれずに退社。その後、ネット動画制作ベンチャーにて​YouTube用のオリジナルコンテンツ制作を経て2018年からフリーランス。アニメ作品のシナリオを手がける傍ら、「YouTubeの専門家」としてテレビ番組での解説なども行う。今まで制作・監修を担当した動画の合計再生回数は4億回を超える。

「VR職場」

そう遠くない未来の日本。増え続けるニートの就労支援を行うべく開発されたスマホゲーム「VR職場」は、理不尽もコンプライアンス違反もない安全なオフィスで、優しいAIの同僚たちと働きながら社会復帰を目指すことができるという画期的なゲームだった。だがある日、ゲーム内のキャラ「岩城課長」がプレイヤーに向かってパワハラを起こすという”バグ”が発生してしまう。開発チームは一刻も早い岩城の”修正”を命じられるが……。

出演者

監督 高島優毅
MC BOBI
Asst. 武田美香
 
 

QUESTIONNAIRE

1.この映画を撮ったきっかけはなんですか?
テレビ局で働いているので、コンプライアンスが厳しくなったため、確認作業が増えていました。テレビの画面の中を健全にするために実際の労働がブラックになっていったのが印象にあり、その体験が元になっています。

2.影響を受けた作品や監督はいますか?
「爆笑問題の日本言論」

3.アイデアがうまれる瞬間は?
机に向かってる時とかではなく、日常で不意に。
わざと電車に乗って遠くの方に行ったりします。

4.作品へのこだわりは?
映画やドラマなどがネットで気軽に観られる時代なので、自分のつくったものがどこで観られてもいいように意識しています。

5.今後どのような作品をつくりたいですか?
観た人が元気になるような作品をつくっていきたいですね。
ニコニコ笑って観れるようなものをつくれればいいなと思います。
今は毒を吐いて、最終的にはハッピーな映画をつくりたいですね。
みんなに好かれる映画を撮りたいです。

6.一番苦労した点はなんですか?
30分弱に収めることです。
設定に説明が必要なので。
30分以内で作ると決めていて、その中で登場人物たちに動きがあるように
脚本の時点で悩みました。

7.監督の性格
ひねくれものと言われます。