2020/03/10 配信

映画『結婚相談所の男』
監督 高山直美  / 俳優 野尻博斗  / MC 間慎太郎  / Asst. 七菜原ココ

コメント

コメントするためには会員登録が必要です

作品情報

高山直美(監督)

静岡県出身。劇団チームエヌズ主催。演技講師。
15分ワンカットコメディ『ここにいる 』(蔵の街かど映画祭グランプリ)、
汎発性脱毛症がテーマ『まる。 』(岡村島映画祭 審査員特別賞)、
男子同士の恋愛を描いた『お前、本当に梅吉か? 』(レズビアン&ゲイ映画祭入選)など様々な作風の映像作品を監督している。

劇団チームエヌズ公演情報→2020年5月『映画』×『演劇』コラボ公演
http://teamns.jpn.org/
詳細はコチラ

「結婚相談所の男」

〜恋がしたくなるラブストーリー!!〜 結婚相談所で働く寿緒(としお)は客の文乃(ふみの)に恋してしまう。 文乃のために相手を紹介しながらも気持ちを抑えきれなくなった寿緒は…

出演者

監督 高山直美
俳優 野尻博斗
MC 間慎太郎
Asst. 七菜原ココ
 

QUESTIONNAIRE

1.この映画を撮ったきっかけはなんですか?

普段演技を教えているのですが、ワークショップで半年かけて映画を撮るという企画の
三回目で撮った作品です。

2.好きな作品や監督はいますか?

作品は、「ギルバート・グレイプ」です。

3.今回の作品のアイディアが生まれたきっかけはなんですか?

ワークショップで、役者達にアイディアを1人2つ程持ってきてもらい、投票で選びました。

4.今回の作品へのこだわりはありますか?

主人公の役者が決まり、この作品で自分の殻を破りたいと言っていたのでそこは意識し、
観た方が一歩踏み出したくなるような作品にすることを心がけました。
撮影でのこだわりは、カメラ目線を多くし、話している人の思いを観ている人に
ストレートに届けることを意識しました。

5.今後どのような作品を撮っていきたいですか?

長編を撮りたいので、今はプロットを書いたりしています。
自分のスタイルが決まってないので長編で実現させたいです。

6.今回の撮影で一番苦労した点はなんですか?

時間がかかってしまうので、対面のシーンの撮影が大変でした。
照明など、技術的な面での苦労が多いです。