21/03/16 16:00~21/03/30 15:59   配信

映画『虎穴にイラズンバ』
監督 竹中貞人  / 俳優 長野こうへい  / MC 酒井貴浩  / Asst. 大貫彩香

コメント

コメントするためには会員登録が必要です

平均  
 5 コメント
さかなくん

前半はコメディテイストだったけど、最後の辺りは学生運動だけでなく

ジャーナリズムの在り方についても提言している作品。

今の世の中にも通ずるかもしれない。

もも

最後が、いまいち分からなかったけど、スタジオトークで意味がわかり、

もう一回最初から見直してしまいました。

宮本

学生運動の描き方が斬新な映画ですね。

自分も興味があり調べた分野なだけに、作品はもちろんのこと

映画終わりの監督の話も楽しめました。

昔の学生運動も、もちろん志を持って活動している学生もいるなかで

大学卒業後は、普通に就職し企業戦士となる学生がほとんどだったようです。

そう考えると、監督の話に出てきた「今の学生」と昔の学生は、そんなに変わってないのかもしれません。

ちー

シリアスなオープニングからは、全く想像ができない展開で

最後まで面白かった。

今の時代に、学生運動はミスマッチだけど、ほんの50年前に普通に

あったことなんだよなと思うと不思議。

Mitsu

面白かった

学生運動ってあんな感じだったんだなあ

最後の微笑にはそんな意味があったのか

作品情報

竹中貞人(監督)

1993年生まれ 三重県出身
大阪芸術大学映像学科卒/東京藝術大学大学院 映像研究科映画専攻卒 大阪芸術大学卒業製作『虎穴にイラズンバ』 が第28回東京学生映画祭観客賞を受賞 スターダストピクチャーズ配給により劇場公開を果たす。
2018年製作 短編映画『ZOB』が第13回TOHOシネマズ学生映画祭グランプリ
京都国際映画祭優秀賞を受賞

「虎穴にイラズンバ」

一流のジャーナリストを目指す主人公、高須が学生運動で有名な学生寮、ぽろろ寮に取材に行くことになる。しかし、実際の学生たちは学生運動などしておらず、のらりくらりと暮らす日々を送っている。 が、記事になって有名になりたいという思いから取材を受けてしまい嘘をついての学生運動がはじまる。

出演者

監督 竹中貞人
俳優 長野こうへい
MC 酒井貴浩
Asst. 大貫彩香
 

QUESTIONNAIRE

1.この映画を撮ったきっかけはなんですか?
就職活動が迫った大学4年生に、周囲を見渡すと「しているフリ」をしている人たちがいたりして、
その状況と、私が好きな昭和のムーブメントの一つである学生運動を組み合わせたかったから。

2.影響を受けた作品・監督はいますか
周防正行監督
ガス・ヴァン・サント監督
ダルデンヌ兄弟

3.普段どんな時にアイディアが生まれますか
誰かと話しながら

4.作品へのこだわりがあれば教えてください
「虎穴にイラズンバ」は初めて作った作品なので、とにかく汗をかいて走り抜けた
自分たちそのものが映っていると思うので、そこを楽しんで欲しいです。

5.今回の作品で一番苦労した点を教えてください
ロケ地までが遠くて、毎回崖の細い道をハイエースで移動したり、台風の過ぎ去った後の山道を
車で移動しなければいけなかった点。
撮影が始まる頃には疲弊しきっていた。

6.今後どのような作品を作っていきたいですか
自分が面白いと思うことと、エンタメの最大公約数が高い位置で合致する作品。

7.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか。
「何を撮るのか」ということをなるべく共有するようにしている。

8. 壁にぶつかった時の乗り越え方を教えてください
ちょっとずつ、なんでもいいから小さな成功体験を積み重ねて、徐々に自信を取り戻す作業に頭をシフトする。