21/07/20 16:00~21/08/03 15:59   配信

配信中
映画『産むということ』
監督 マキタカズオミ  / 俳優 江原大介  / MC 酒井貴浩  / Asst. 大貫彩香
2021/08/03 15:59まで非会員でもご覧いただけます

コメント

コメントするためには会員登録が必要です

平均  
 1 コメント
Hikari

めちゃくちゃ泣きました!号泣です!

私自身今年出産して、感じるものが多かったです

妊娠・出産って大人になったら簡単にみんなが経験することくらいな認識だったけど

実際は奇跡の連続なんだなって自分が経験したり、調べてみて分かったし

産んで終わりじゃなくて、子育てもこんなに幸せでこんなに大変なんだって分かったし、理屈じゃないですよね。

監督が凄く言葉を選んでいるのも伝わったし、

とても心に残る作品になりました

作品情報

マキタカズオミ(監督)

脚本家。映像ディレクター。
主な脚本作品として、映画「思春期ごっこ」、映画「スリリングな日常」、TVドラマ「横溝正史時代劇・人形佐七捕物帳」がある。
監督作品としては「ファントム・ジェニー」が韓国、中国、台湾、ベルギーで上映された。
近作では「ほんとにあった!呪いのビデオ」の演出を担当。
脚本作では「成れの果て(監督:宮岡太郎/主演:萩原みのり)」の公開が控えている。

「産むということ」

産まれてくる子どもを心待ちにしている真島夫婦。 しかし、ある日の検診で、医師から子どもに障碍がある可能性を告げられる。 出生前診断を勧められた夫婦は、今後のことを考え始める…。

出演者

監督 マキタカズオミ
俳優 江原大介
MC 酒井貴浩
Asst. 大貫彩香
 

QUESTIONNAIRE

1.この映画を撮ったきっかけはなんですか?
どんな選択をしても、その人が自分で選んだことは尊重したいと思ったからです

2.影響を受けた作品・監督はいますか
デヴィッド・リンチ、デヴィッド・クローネンバーグ、黒沢清

3.普段どんな時にアイディアが生まれますか
犬の散歩中

4.作品へのこだわりがあれば教えてください
説教くさくならないようにした

5.今回の作品で一番苦労した点を教えてください
苦労はした記憶がないです

6.今後どのような作品を作っていきたいですか
アンモラルな作品

7.撮影現場について、スタッフ・キャストとのコミュニケーションはどのようにとっていますか。
よく聞き、よく話すようにしています